不動産取引においての消費税の扱いについて

不動産 消費税

不動産 消費税について

不動産取引においての消費税の扱いについて

マイホームを確保するというようなケースで、消費税が課税されてしまうケースと実施されないケースがあります。
どういったシーンで課税されてしまうのか、間違うことなく頭に入れておいた方が良いでしょう。
新築の戸建て住宅のケースでは、消費税については建物のみ課税されることになります。
中古の戸建て住宅のケースでは、個人的なオーナーが売主の場合がほとんどですから、中古の戸建て住宅そのものには、課税されないのが普通です。
しかしながら、一般的に仲介の会社を介して売りに出されることから、不動産会社の仲介手数料もしくは登記手数料などは課税される対象となると考えられます。
中古の戸建て住宅の場合でも、不動産会社などが買いつけ再び取り引きするケースになると、売主は不動産の会社になってしまうので、課税される対象となると考えられます。
土地につきましては、商品もしくはサービスの供与より所有権などの権利譲渡とされることから、消費税につきましては非課税ということになります。